もう働きたくない

意外な穴場発見!夜間パートは子持ち主婦だらけだった。

私の職業はブロガーと言いたい所ですが、まだまだ一本では全然食べて行けません。

昼間より月2万4千円も多く、年間だと28万8千円も違うので夜にアルバイトをする事にしました。

先日、夜間アルバイトのメリットとデメリットをクソババのパイセンから助言を頂いてまとめました。

【クソババの助言あり】主婦の夜間アルバイトのメリットとデメリット。私の職業はブロガーと言いたいのですが、まだまだ思っている収益ではありません。 もちろん諦める気はないのですが、生活するにはお金が必...

実際に働いてみたところ、夜間は学生さんだらけと思っていましたが子持ち主婦だらけでした。

・昼間のアルバイトになかなか採用してもらえない。
・子供の幼稚園や保育園の送り迎えで朝夕とバタバタしてしまう。
・時給が低い

などと悩んでいるママは夜間アルバイトの方が働きやすい場合がありますよ!

子育て中だからこそ、お金や時間を大切にする働き方をしましょう。

夜間アルバイトは学生やフリーターよりも子育て中の主婦が活躍していた。

アルバイト先が主婦だらけで意外でした!

主婦の方々に何で夜間アルバイトを選んだのか聞いてみました。

・時給が良い
・子供が三ヶ月でも雇ってくれた
・小さいうちから保育園に預けたくなかった

家計を助けたいけど日中は働かず子供と一緒にいたいママさん達でした。

小さい子供がいるだけで採用は見送られると思っていましたが、働く理由をきちんと持っているママさんはなかなか辞めないので重宝されるようです。

ママさんが多い職場だと、子供が熱などで急に休まないといけない時にも理解を得られそうな感触がありました。

主婦の方々に夜間アルバイトを乗り切るコツを聞いてみました。

三年寝太郎、オフトゥン大好きな私が一番心配していたのは、アルバイト明けの日中の眠たさでした。

栄養ドリンクをいっき飲みしてユニフォームに着替えたばかりのママさんに聞いてみました。

「なんとかなる( `ー´)ノ」

との事です。私はタフネス主婦ではないので全く参考にはなりませんでした。

一歳児を子育てしているママさんに聞いてみました。

「子供とお昼寝の時間に一緒に寝ています。」

うーむ、娘はお昼寝をしなくなったのでこれまた参考になりませんでした。

他のアルバイトさんにも聞いてみたのですが「なんとかなる」系の回答しか得られませんでした。

子育て中の主婦の夜間アルバイトの睡眠不足対策の為に独自のルールを作ってみた。

・アルバイト明けの午前中はなるべく横になるように徹する。
・夜は遅くとも0時までには就寝する(いつもの就寝時間は2時)
・体に少しでも変だなと思ったら勤務時間を減らす。

ブログのお仕事も進めないといけないのでちょっと無理をしてしまいそうになりますが、体を壊しては何の意味もありませんのでルールを明確にしました。

体を第一に考えてルールを更新していこうと思います。

働いても働いていなくても、全国のママは何事にも無理をしないように努める事が大事です。

【まとめ】夜間アルバイトは自分を管理できる子育て中の主婦におすすめ。

夜間アルバイトは主婦にとって金銭面や融通面でメリットがありますが、睡眠不足などのデメリットがどうしても出てきます。

・絶対に無理をしない。
・その日の内に睡眠が減った分の穴埋めを必ずする。
・疲労が溜まるようになったら働く時間を調整する。

難しいルールを作る必要はありません。夜間に働くメリットを最大限に受ける為に自分を管理する体制を整えましょう。