妊娠・出産・子育て

里帰り出産のお礼を出し遅れて大目玉をくらわない為に。

はい、全ては私が悪かったです。言い訳のしようがありません。

里帰りしょっぱなで嫌~な雰囲気を作らないように、スマートにお礼ができるようにしましょう。

里帰り2日目に母のイライラが大爆発×大炸裂。

リビングで授乳していると洗濯を終えた母が入ってきました。すでにただならぬオーラを放っていて、私の背筋が伸びました。

次の瞬間、

「あんた、何考えてるの?お母さんに時間もお金もあると思っているの??」

「●●ちゃん(私の姉)はすぐにお渡してくれたよ!あんた、結婚したんだったらちゃんとしっかりしなさい!」

私は大泣きしながらお母さんに謝りました。

しかし謝ったというよりかは怒られたから反射的に謝った感じです。内心では、

((え!?そんな怒る事?渡す用意してたし1秒後にでも渡せるよ))

とすら思っていました。里帰りを独身時代のようにただ普通に家に帰ってきたくらいに思っていました。

お礼が必要な3つの理由。

両親は当たり前のように里帰りを了承してくれました。しかし私と赤ちゃんが帰ってくる事により両親には、

●時間のマイナス
●体力のマイナス
●お金のマイナス

が突如として降りかかってきます。

食事、洗濯、掃除、赤ちゃんのお世話などにより沢山の時間と体力がそがれます。そして人間が2人加わる事により光熱費、水道代からトイレットペーパー代にいたるまでとにかくお金がかかります。

両親にとってマイナスだらけなんです。私は実の娘なんだから当たり前などと思ってはいけません。

何かをしてもらえば何かをお返しする、それはごく自然であるべきです。

お礼にふさわしいのは現金?贈り物?

ずばり、現金が良いです。

単純に両親が必要とする物が思いつかなかったというのもありますが、現金なら余分にかかった光熱費や水道代などを補填できるし両親が必要とする物に変える事ができるので一番良いです。

もし、両親が現金を受け取らなかった場合には後日贈り物をすると良いでしょう。

お礼の相場。

お礼の相場は一か月あたり2万円~3万円と言われていますがあくまで平均値です。

一緒に上の子も里帰りする場合はプラス1万円しても良いでしょう。

光熱費やトイレットペーパーなどの日用品、洗濯、そうじや赤ちゃんのお世話などかなりお金や労力が両親にかかる事をよく考えて夫婦で話し合いましょう。

お礼を渡すタイミングと誰が渡すか。

私の失敗体験から声を大にして言わせて下さい。

渡すタイミングは里帰り初日です!夫に渡してもらいます。

夫が里帰り先に来れない場合は電話を必ず入れましょう。

大爆発×大炸裂したその後の話。

その夜に夫からお礼を渡しました。もちろん「お願いします。」と夫婦でそろって言いました。

実は姉も息子を連れて私の出産に立ち会う為に里帰りしてたので姉経由でお母さんの本当の気持ちを知りました。

お金が欲しくて言ったつもりはなく結婚したからきちんとして欲しかっただけだったようです。

出産前に赤ちゃんの布団や服やらを沢山買ってもらい、里帰り中は私のおやつや食事を好きな物ばかりだしてくれました。それにしても私の好きな食べ物をよく知っていらっしゃる!

面倒くさい赤ちゃんのお布団もこまめに洗ってくれてどこも清潔にしてくれて、授乳中の足が寒いといけないから電気カーペットを敷いてくれたりと、あぁ、泣けてきた。

【まとめ】お礼も大事だけれども。

里帰り当日に、「お願いします」と夫婦で言い、夫からお礼を渡すというポイントを守ればOKです!

お礼も確かに大事ですが、里帰りした時だけではなく両親に甘えすぎず感謝を伝えていく事がこれからも大切な事です。