内装

5つのデメリットに耐えきれる?新築にリビング階段を計画する時は要注意

リビング階段

リビング階段はおしゃれで家族とのコミュニケーションがとれるのでプラスのイメージが大きいですよね。

しかしデメリット5つもあります。

・冷暖房がききにくい
・別途で空調設備をつけなくてはいけない
・リビングや2階の部屋からの音がもれる
・料理のにおいが上まであがる
・リビングなのにくつろげない

おしゃれをとるかデメリットに耐えられず諦めるか迷いますよね。

まずはメリットとデメリットをしっかりと理解して下さい。

理解した後でメリットとデメリットを天秤にかけると、あたなの家にリビング階段が必要かどうか必ず答えが出ますよ。

リビング階段のメリットを最大限に受けれるのは新築住宅の敷地面積が狭い場合

・リビング階段は見た目がおしゃれ
・家族とのコミュニケーションがとりやすい

予備知識がない人はこの2点のメリットしか思い浮かばないでしょう。

リビング階段の最大のメリットは新築住宅の敷地面積が狭い場合、生活するスペースを多くとれることです。

独立した階段だと、階段と廊下のスペースが必要になるのでリビング階段を作るより余分に面積がとられます。

生活するスペースが狭くなってしまうと住み心地や使い勝手が悪くなりますよね。

リビング階段であればリビングの面積を最大限に取ることができます。

さらにリビング階段は目線が上下に広がるのでリビング空間が広く感じられます。

敷地面積が限られている人にとってはかなりのメリットですよね。

プラスで吹き抜けを作ると窓を高い位置に取れるので、リビングも階段も日中の照明は必要ありません。

親目線の意見にはなりますが、外出時や帰宅時は必ずリビングを通ることになるので子供の体調が大丈夫かなどの声かけをしやすいです。

寒い!におう!音がもれる!こんなはずじゃなかったリビング階段のデメリット

階段はちょっとしたリフォームでは変更できません。

リビング階段を検討しているならばデメリットをきちんと理解して下さい。

リビング階段を付けた施主さんに直接話を聞いたことも記しておきますね。

冷暖房がききにくいのがリビング階段の1番のデメリット

暖かい空気は上にあがり冷たい空気は下に流れますよね。

リビング階段でも同じ空気の流れになるので、リビングが寒いといわれるのは暖かい空気の性質によるものです。

実際に住んでいるお家を訪問する機会があったのですが、施主さんに直接聞いたところリビング階段は失敗したと言われました。

リビングと階段の空間が仕切られていないので夏だとクーラーがききにくとのことです。

後づけのロールスクリーンで仕切っていました。

階段の上り下りをするのにロールスクリーンがあると地味にイラッとするなと感じました。

余分な設備をつけなくてはいけない

リビング階段プラス吹き抜けにするとシーリングファンをつけなくてはいけません。

シーリングファンとは天井でプロペラみたいなのがくるくる回っているやつです。

暖かい空気が上がってくるので吹き抜けにする場合は必要な設備になります。

掃除などのメンテナンスも余分に必要です。

リビング階段は冷暖房がききにくいので、リビングの畳数よりも多めのエアコンをつけなくてはいけません。

通常の100Vのコンセントではなく200Vにすることをお忘れなく。

リビングや2階の部屋からの音がもれる

リビングと2階の空間が続くので音もれはどうにもできません。

2階で子供が寝ているのにリビングでテレビをつけるのは気がきけるし、

逆に2階で子供が友達を呼んで大騒ぎをしたら音がもれる程度では済みません。

料理のにおいが上まであがる

音もれと一緒に料理のにおいまでも上にあがってしまいます。

2階の寝室まで魚の焼けたにおいがするのは良い気分ではありませんよね。

リビングなのにくつろげない

子供が友だちを連れて2階の子供部屋へ上がるときに、家族はリビングでくつろげません。

逆に親の来客でリビングを使用している時に子供が2階に上がりにくいですよね。

家で部屋着ですごしたい人にはリビング階段はかなり苦痛を与えるものになります。

リビング階段をどうしても諦めたくない人のためのデメリットの対策方法

・家の気密性と断熱性が高い大手ハウスメーカーで建てる
・予算があるなら床暖房を設置する
・予算が無いなら電気カーペーットで代用する
・においや音対策は階段の入り口にドアをつける
・来客対策は誰が来ても常に良い服装にする

積水ハウスやパナホームなどの大手メーカーで建てれば、寒冷地仕様が標準です。

家の気密性と断熱性に優れているのでリビング階段にしても、底冷えて寒すぎる、暑すぎてラーがきかないという極端なことにはなりません。

無理に上記の全ての対策をクリアする必要はありません。

デメリット5点の中でどうしても耐えきれない!と思うところに対策をしましょう。

予算ありきなので家づくりで全ての希望を完璧に再現するのは無理です。

どうしてもダメな点をそぎ落としていくと失敗のない家づくりができますよ。

我が家はデメリットに耐えらきれなかったのでリビング階段をやめた

リビング空間

夫は何も気にするタイプではないのでリビング階段を希望していたのですが、私には耐えきれないのでリビング階段をやめました。

中学生あたりの多感な時期を思い返してみて下さい。

両親と顔を合わせたくない気分のときはなかったですか?

別に両親と仲が悪かったわけでないですよ。むしろ大好きです。

でも、気分がすぐれなくてそのまま自分の部屋の布団にもぐりこみたくなる多感な時期は誰にでもあるはずです。

実家は昔ながらの玄関から続く独立階段だったので、ささっと2階に上がれたので良かったす。

それと、我が家には主婦である私の個室はありません。

リビングは1日の中で私が一番長く滞在する部屋です。

くつろげる場所こそがリビングなのに、その側を子供の友達が上がったり下がったりされたら落ち着けるはずがありません。

子供の友達が来るのを歓迎したいです。だからこそ独立階段にする必要があると思ってリビング階段をやめました。

【まとめ】新築にリビング階段をつけるときはメリットとデメリットを天秤にかける

あなたに合った階段を選ぶ

・冷暖房がききにくい
・別途で空調設備をつけなくてはいけない
・リビングや2階の部屋からの音がもれる
・料理のにおいが上まであがる
・リビングなのにくつろげない

5つもデメリットがありますが対策をとれば改善できます。

敷地面積が狭い場合はリビング階段にすると、リビングを広くとれたり広く見せれたりするのでメリットが大きいです。

流行りだから、コミュニケーションをとれるなどとメリットばかりを言う設計士に流されてしまうとせっかくの新築なのに住みにくい家になります。

デメリットを知って諦めろと言っているのではありません。

5つのデメリットはあなたが描いている理想の家にリビング階段が必要かを判断する予備知識となるものです。

メリットとデメリットを見て、これは大丈夫、これはどうしても我慢できないと仕分けをして天秤にかければ、あなたの家にとってのリビング階段の必要度がはっきり分かりますよ。