夫婦関係

セックスレス解消!離婚寸前から仲良し夫婦になるまでの3年間の出来事

デリケートな問題なので誰かに相談する事はなかなか難しいですよね。

私も誰にも相談できませんでした。

でも、たった2つの行動を起こしてから完全に解消しました。

ちょっと生生しいかもしれませんが、どうしたら良いか悩んでいる人が踏み出す一歩になればという気持ちで実体験を記しました。

注意になりますが、不倫や風俗で端的に解決する方法を良しとしていません。

あくまでパートナーとのセックスレスを解消させる方法を記事にしています。







【体験談】セックスレス解消までの泥沼の生活。

妊娠して出産してから私は「お母さん」に夫は「お父さん」になりました。今までとお互いの関係性が変わりました。

出産したらセックスを再開するのかと思っていましたが、

・出産時に切開して縫っているので怖かった
・寝ない赤ちゃんにかかりきりで疲れていて常にイライラしていた

夫が仕事から帰ってきたら夫を睨みつけ、

夜はおやすみを言わずに赤ちゃんと部屋にこもる日々が続き、

セックスどころではなく夫婦関係そのものが壊れようとしていました。

↓本当の泥沼にはまる前に一呼吸いれてこちらの本を読んで欲しいです。

「今日も拒まれてます」は実話?土下座したポレ美と不倫した山木は実在子供を望む「ポレ美さん」と妊活に協力せずに不倫までしたゲス夫「山木さん」が登場する「今日も拒まれてます」はかわいい絵柄の漫画です。 ...

セックスレス解消のきっかけができた日。

夫も私も離婚を切り出した訳ではありませんが、かなり危ない所まで来ていました。

「娘と2人だけで生きて行こう」

仕事を探したり母子家庭になったらどうなるかネットで検索をかけたり娘が物心がつく前に別れてしまおうと本気で思っていました。

ある日、夫が爆発してぼつりぼつりと私に話しだしました。

「サナがいつも怒っている理由が分からないし、仕事から帰って来ただけなのに睨まれるのは辛い」

と夫の胸の内を知りました。

それからが本当の戦いで、夫と私は言いたいことをぶつけ合いしていました。

・お互いの嫌な事
・生活の不満

「もう大嫌い!」とお互いに思いかけたところで膿を出し切り冷静さを取り戻していきました。

セックスはまだしていないけれど、レス解消の折り返し地点にきました。

いくら好きで結婚していても相手がいつも何を思っているかは分かりませんよね。

セックスレス以前の問題で完全なるコミュニケーション不足でした。

不安や不信に思う気持ちが積もりに積もっていつも通りの2人を見失っていたのです。

すぐにぎくしゃくが戻ったわけではありませんが、子供がだいぶ大きくなって育児に慣れてきた事もあり私のイライラが少なくなってちょっとずつ穏やかな生活が戻ってきました。

【体験談】セックスレスを解消するべく全ての恥を捨てて言った一言。

自分自身が落ち着いてきて夫に対する愛情をだんだんと取り戻してきた時に、求められない自分は大丈夫なのだろうかと不安に襲われました。

元々は夫から誘いを受ける側の私は誘うのにすごく抵抗を感じました。

「今まで誘った事がないのに、もしかしたら夫はドン引きするかも?」

「どうしても恥ずかしくて私からは絶対に言えない!」

しかし待ったところで何も起きません。

夫が2階の寝室に上がったタイミングで私も2階に行きベットに腰をかけて雑談をしましたが、何も起こりませんでした。

待てど暮らせど本当に何も起きなかったのでみじめさが増していく日々でした。

テレパシーなんて使う事ができないし、間接的な行動では何も起きなかったので全ての恥を捨てて思い切って言葉で夫に伝えました。

「ずっとしてないので、明日しよう」

夫がセックスを拒否して撃沈

翌日、あろうことは夫は寝始めようとしました。

私は勇気を振り絞り、恥を捨てて言ったのに忘れられた事に怒りを感じました。

半分寝かかっていた夫に昨日の事を話すと、「どうしても疲れているので明日じゃだめかな?」と返ってきました。

私は一人で泣きました。昨日は誘う事が恥ずかしくて、今日は拒否された事が恥ずかしくて。

みじめで、

みじめで、

しょうがなかったです。

しかし前に拒否したのは私なのに拒否されたからって相手に怒りをぶつけるなんんて自分本位ですよね。

今回できなかった理由は疲れているからだったので、相手の様子を見てなおかつ休みの日にもう一度言ってみてやっと解消できました。

パートナーが心身共に疲れていないかまず考える事がまず大切だと今回の事で分かりました。

セックスだけでなく日常でもまず相手を気に掛けるべきですね。







【その①】セックスレス解消の為にパートナーに原因を探すのをやめましょう。

まずは犯罪者を探すみたいにパートナーに原因があるのではないかと探るのはやめましょう。

だんだんパートナーが憎くなってきて無駄に深みにはまります。

私はまず自分の行動を振り返り、妊娠がきっかけだと思っていました。

・妊娠中はセックスをしてはいけないと思っていた。
・妊娠中の酷い眠気に襲われて夫より先に寝ていた。

でも、よく考えてみると妊娠前の私の行動がきっかけでした。

・翌日の仕事の為に体力を温存するべく夫より早くベットに入っていた。
・夫がベットに入ってきたのに疲れていたので邪険にしてしまった。

そもそもセックスに持ち込む隙がなかったし、唯一の相手がパートナーだけなのに拒否されたら傷つきますよね。

後程、夫に拒否された事によりどれだけ辛いかが分かり本当に酷い事をしたと反省しました。

正直なところ、夫が何を考えているか夫にしか分かりません。

パートナーに原因があると無駄に妄想するより、自分にまず原因を探ってみて下さい。

【その②】全てを捨てればセックスレスは解消できる。

みじめになったりぐるぐる考えてばかりでは何も起こりません。

・恥ずかしいから無理
・自分から誘うのはもっての外

相手が何も思っているか分からない状態が続くと不信感だけが募り、お互いの距離が遠くなるばかりです。

自分をみじめに思う気持ち、恥ずかしい気持ち、全部捨ててみて下さい。

いくら夫婦でも言わなければいつまでも伝わりません。

セックスレスを解消して私達夫婦が変わったこと。

夫が誘ってくるという今までのスタイルをすっかり取り戻し、

単純に仲良くなりました。

そして愛情確認と言うよりかは2人でスポーツしている感じに変わってきました。とにかくスッキリします。

2人きりで過ごすのはこの時だけなので、とても大切な時間です。

【まとめ】仲が良いほうが絶対いいに決まっている。

1.パートナーに原因を探すのをやめる
2.恥を捨てて言葉で伝える

道のりは長かったように思えますがたった2つの事だけやれば解消できたのです。

私達の場合は言葉が大きな役割をしてくれました。

言わなければいつまでも相手の気持ちは分からないし、自分の気持ちを分かってもらう事はできません。

セックスレスが解消した事により本当に夫婦仲が良くなりました。

「今日フットサルに行く?」みたいなノリでできるようになったんです。嘘のようで本当の話です。

夫婦は仲が良いほうが絶対いいに決まってますよ。