パート・アルバイトの悩みから探す

主婦のお小遣い稼ぎにハンドメイドをオススメしない3つの理由。

子供が寝ている間にちょっと作業してハンドメイドでお小遣いを稼げたらいですよね。

アプリで簡単に販売が出来る時代になりました。資材も簡単に手に入れる事ができます。

私はハンドメイドで月5万円以上売り上げて10万円を超える時があります。お小遣いにしては十分ですよね。

一見、成功に思われますが実は失敗経験になります。その経験からハンドメイドがお小遣い稼ぎに向かない理由をお話します。

ハンドメイドは常に投資が必要とされる。

まず工具、資材、発送用の梱包材を一式揃えなくていけません。

資材は袋売りしている物が多く、1個あたりの単価が低かったとしても使い切らないとその分はマイナスです。

試作の際にどのパーツが作品に合うかいくつか取り寄せるので合わないパーツは不動在庫になりこちらもマイナスになります。

試作の段階で失敗する事があるのでその分の資材はマイナスになります。

製作して販売にこぎつくまでにかなりの投資をしなくてはなりません。

全部売れなければマイナス。

例えば1000円のイヤリングを作ります。利益は500円です。2個作って1個しか売れませんでした。儲けは0円になります。

確実に利益を生み出すのは作品が全部売れる事が前提になります。

国内の市場が飽和状態。

インターネットで気軽に資材が購入できるので同じような作品であふれかえっています。ちょっとパーツをつなげた作品ぐらいでは裸で戦いに行くようなものです。

よほどの技術があって唯一無二の物が作れないとうずもれてしまうだけです。

【まとめ】ハンドメイドは最初のハードルが高い。

ハンドメイドははじめる前からも後からもお金が必要になります。お金ばかりでなく、企画、試作、製作、集客、発送までのすべてこなさなければならないので沢山の時間を費やします。

販売する度に完売してなおかつ自分が必要としている時給を得る事はなかなかの高いハードルです。