ブログでお金儲け

初心者のブログが続かない本当の原因と続ける為の3つの方法。

ブログが続かない、続かないと嘆いているそこのあなた!と実は他人に説教なんてできる立場ではないです。

挫折したのです。しかも3ヶ月のサーバー契約をしてドメインも取得して支払いもしたのに。

挫折から毎日1記事書けるようになり復活した方法を伝授します。

ブログが続かない初心者にありがちな原因。

私がブログを開設しようと思ったのはブログを書いたらお金を貰えることを知ったからです。

「楽してお金を稼げる!」

と初心者がおちいる穴にみごと100満点で着地しました。

広告を貼ってアクセス解析を見ました。0なんです。どこもかしこも0だらけ。当たり前ですよね、無名ブロガーが書いた日記なんて誰も読みません。

はい、やめ。

誰も見てくれない、モチベーションが上がらない、収益が0円。ブログが続かない原因ってこんなところでしょう。

しかし、挫折から復活を経たからこそ本当の原因がある事を発見しました。

ブログが続かない本当の原因。

続けれなかった去年と続けている今と何が違うのか考えたら明確な原因が分かりました。

私の場合は去年だとお金が大丈夫、今年だとお金が大丈夫でないというのが原因です。ブログを書かなければならない差し迫った状況にあるかないかです。

去年は夫が稼いで私がパートでもしたらこの先も食べていけるだろうと思っていました。

しかし今年に入って、夫が激務で夜中の2時半を超えて帰ってくる事が多くなり私は専業主婦の負い目から夫が帰るまで起きていました。

残業しても残業代がつくわけでもなく、このままでは疲労と寝不足で夫も私も倒れてしまいます。

途端に焦りにおそわれました。どうれば良いか考えてみたら夫は今の会社をやめて転職してもらおうという結論に達しました。

でも途端に収入が途絶えたら、家のローンは?生活費は?幼稚園代は?と考えるとさらに焦りました。

焦って焦って、正に差し迫った状況にあります。前に進むしか道がないのです。つまり、ブログを書かないといけない状況になったのです。

あなたは今、差し迫ってた状況ですか?ブログが続かないのであれば、あなたはとても幸せな状況にあるはずです。

だって、現状に満足していてブログを書かなくても生きていけるのです。

ブログを書かなければならない差し迫った状況が自分にあるのか、まず自問して下さい。

ブログの着地点を考える。

続いているブロガーさんのサイトやTwitterを見て下さい。ブログを続ける理由と着地点が分かります。

●ブラック企業から抜け出したい。
→だからブログで稼いで会社を作る。

●有名になりたい。
→だからブログでアクセスを増やして認知度を上げる。

●生活に困っている。
→だからブログで稼いで安定した生活を送る。

●子供と接する時間を増やしたい。
→だからブログを立ち上げて在宅の仕事にする。

着地点がぼやけるようではブログを書いている意味が見い出せずに書かない日々に戻るだけです。

ブログを書く理由とどこへ向かいたいか着地点を決めてください。

なりたいブロガーさんのブログを見まくる。

私は子育て関連ではこのブロガーさん、文章の書き方だとこのブロガーさん、沢山稼いでいる人だとこのブロガーさんというように、なりたいブロガーさんのブログを見まくっています。

魅力があるので見まくるのです。なりたい自分がそこにあるので好きなブロガーさんがどんな記事を書いたのか何度も読んで下さい。ノウハウの宝石箱です。

憧れる存在に近づきたい気持ちが手を動かす事になります。

ブログを書く時間を確保する為に一日の時間を整理する。

ブログを書く時間が無いので続かないと勘違いをしている人が多いのではないでしょうか。

仕事が忙しい人、子育が忙しい人、趣味に忙しい人、みんなそれぞれですがブログを書かない言い訳にしていませんか?

世の中不平等な事ばかりですが1日が24時間なのは全人類に平等に与えられています。

以前は子供が寝静まってから書いてました。だいたい夜の10時くらいからです。日中は子供にかかりっきりで落ち着いて書けないからです。でもそう思い込んでいただけでした。

あるサイトを運営しているお母さんが自分の作業中の動画をアップしていました。

驚く事にお母さんは双子を前に抱っこ、後ろにおんぶして立ちながらパソコンを使っていました。

これを見て、私は時間が無いと思っていただけで自分で捻出してないだけだと思いました。努力も工夫もしないただ自分に甘いだけだなと。

それからパソコンに常時開けて子供が一人遊びしている5分を狙って数行でも書けるようにしました。

この記事の前半を書いている時は子供が私の両太ももに足を置き仁王立ち(かなり痛い)している所を落ちないように左手で支え、子供の脇の隙間に顔をうずめパソコンを見る視界を確保しながら右手のみで記事を書いていました。

何時に何をやっていたか一日でいいので面倒でも書き出してください。その中でやらなくても死なないものは断捨離してください。例えば、ソシャゲをやる時間やSNSを見る時間です。

1分でも2分でもいいです。一行でも書きましょう。それをしていると一日が終わる頃にはそこそこ溜まってきます。

【まとめ】ブログを続ける為に3つのポイントを死守すれば続けられる。

★ブログを書く理由と、どのような自分になりたいか着地点を決める。
★憧れるブロガーさんのブログを見まくる。
★やらなくても死なない事を断捨離して1分でも時間を確保する。

上記3のポイント死守するようになったら、ご飯を食べるように続けて記事を書けるようになりました。

ブログは人と場所を選びません。こんな素晴らしツールは他には無いです。実践あるのみです。